前へ
次へ

レンタル携帯に関連した法令とお勧めの利用プラン

法律が改正された影響で、レンタル携帯利用時には本人確認書類の提示が必要です。また法人単位で利用契約を結ぶ時は、法人の存在を証明できる書類と利用申請を出した個人の本人確認書類を同時提出が求められます。加えてインターネット上でレンタル携帯の利用契約を結ぶ時には、本人確認書類の写しと合わせて銀行振替かクレジットサービスが必要です。この様にセキュリティレベルを要求される外部サービスの利用が必要なので、レンタル携帯のサービスは顧客情報保護対策を行っている場所がお勧めです。その一方で急な用事で電話番号が必要になる事もある為、その時には本人確認の提出書類を少なくして申込方法を簡略化しているサービスを利用しましょう。早いサービスだと即日で出張お届けをしてくれる場所もあるので、ビジネス用途で使う方にお勧めします。尚旅行等で出先から利用を検討している方は、空港や電車等の移動手段の近くにあるレンタル携帯サービスを利用しましょう。回線容量が豊富に用意あると出先でもお気に入りの動画や画像を閲覧できるので、レンタル携帯の契約は目的に応じた物がお勧めです。容量の多いサービスだと10GB以上の回線が契約できるので、長時間の映画を何本も視聴可能です。利用料金の推移は10GB当たり1万円前後で、容量が大きくなる程1容量当たりの料金が安くなる為、契約時の参考にしてください。反対に利用料金を安く済ませたい方は、無料通話の付いていないレンタル携帯の利用プランがお勧めで、全ての予算をインターネット視聴のみに限定できるメリットがあります。さらに旅行や出先での計画が頻繁に変更される時には、1日単位でレンタル携帯の利用を契約できるサービスがお勧めです。安いサービスだと1日当たりの料金が150円程になるプランがあるので、必要最低限の通信だけ行えます。この場合は本体料金を無料にしているサービスもあり、利用料金の支払いが月々1回のみなのでより一層不必要な出費を防げます。

Page Top